第2回
家族とゲストの空間を切り離した憩いの家 (茂原市・I様邸)
▲閑静な住宅街に佇むI様邸
▲閑静な住宅街に佇むI様邸

 家の老朽化と仕事上の都合から、新しい土地を求めて茂原市に移り住んだI様ご夫妻。市内で土地を探し始めてすぐ、駅に近く幹線道路から少し入ったこの場所をしり、一目で気に入ってしまったとのこと。

 「駅から近くて大きな道路もあるのに、すごく静かで。そんな環境の良さが気に入りました」

 家づくりのこだわりはリビングと和室。家族で過ごすリビングと、客間として使える和室を切り離し、お互いに基を使わないよう配慮。生活の中心となるリビングは広く見えるように天井を少し高めに、また廊下や階段も通常より広くすることで、生活しやすい設計にしました。

 「モデルハウスなどをたくさん見せてもらって、家づくりの参考になりました。それがこの家に活きているので、失敗だったと思う点はほとんどありません。リビングや和室以外にもダイニングテーブルと同じ高さのキッチンカウンターをつけてもらってり、担当営業の渡邉さんには間取りを含めて便利な提案をしてもらいました」

 今のお住まいの満足度は95点とおっしゃるI様。たくさんのお友達を呼んでもゆったりとくつろげる、大人のゆとりを感じる素敵なお宅でした。

 

◀お友達とお酒を飲みながら囲む掘りごたつが自慢の和室。客間としても使えるよう、リビングとひとつなぎにせず、独立した個室にしたそう。

◀こだわりの広いリビングでくつろぎながら話すI様ご夫妻